kintone

kintone連携に関するアクション一覧です。

kintoneGetRecords

概要

kintoneGetRecords は、kintone に登録されているアプリのレコードを一括取得する機能です。 クエリを使用して、取得するレコードの条件や並び順を指定することが可能です。\ クエリの書き方については、以下をご参照ください。

パラメーター

*は、必須パラメーター

名前 概要
provider* 文字列 kintone 連携に必要なプロバイダー ID kt_y8ni9c3b8b8147410ce2
appId* 数値 取得したいレコードが登録された kintone アプリの ID 25
fields 配列 取得するレコードに含めるフィールドをフィールドコード^1)の配列で入力。指定しない場合は全てのフィールドが取得される。 ["レコード番号", "作成日時", "ドロップダウン"]
query 文字列 取得するレコードの条件。指定しない場合は閲覧権限を持つすべてのレコードがID降順で取得される。 作成者 in (" USER", "example@example.com") and 作成日時 >= LAST_WEEK() order by 作成日時 desc limit 20 offset 0

アプリ ID ピッカーについて

アプリ ID ピッカーは最大 100 件までのアプリ ID を表示します。 ピッカーに表示されない値も appId パラメータとして設定することは可能です。

アウトプット

タイプ 概要
Array 配列 取得したレコード *使用例を参照

使用例

# クエリを実行する
+kintone_get_records_1:
  action>: kintoneGetRecords
  provider: kintone_2890b93211ca476cd4c9
  appId: 25
  fields: [ "経費", "経費合計","申請者", "旅費合計", "ステータス", "作成日時" ],
  query: '作成者 in ("USER", "example@example.com") and 作成日時 >= LAST_WEEK() order by 作成日時 desc limit 2 offset 0'

# [
#   {
#     "経費": [
#       {
#         "id": "5",
#         "value": {
#           "科目": { "type": "DROP_DOWN", "value": null },
#           "経費日付": { "type": "DATE", "value": "2022-01-24" },
#           "経費領収書": { "type": "CHECK_BOX", "value": [] },
#           "経費摘要": { "type": "SINGLE_LINE_TEXT", "value": "" },
#           "支払先": { "type": "SINGLE_LINE_TEXT", "value": "" },
#           "経費金額": { "type": "NUMBER", "value": "200" }
#         }
#       }
#     ],
#     "経費合計": "200",
#     "申請者": [{ "code": "example@example.com", "name": "田中 太郎" }],
#     "旅費合計": "5000",
#     "ステータス": "未処理",
#     "作成日時": "2022-01-24T03:26:00Z",
#     "$id": "10"
#   },
#   {
#     "経費": [
#       {
#         "id": "6",
#         "value": {
#           "科目": { "type": "DROP_DOWN", "value": null },
#           "経費日付": { "type": "DATE", "value": "2022-01-23" },
#           "経費領収書": { "type": "CHECK_BOX", "value": [] },
#           "経費摘要": { "type": "SINGLE_LINE_TEXT", "value": "" },
#           "支払先": { "type": "SINGLE_LINE_TEXT", "value": "" },
#           "経費金額": { "type": "NUMBER", "value": "100" }
#         }
#       }
#     ],
#     "経費合計": "100",
#     "申請者": [{ "code": "example@example.com", "name": "田中 太郎" }],
#     "旅費合計": "5100",
#     "ステータス": "未処理",
#     "作成日時": "2022-01-23T02:15:00Z",
#     "$id": "9"
#   }
# ]

kintoneCreateRecord

概要

kintoneCreateRecord は、kintone のアプリに新たにレコードを登録する機能です。\ 登録するレコードはオブジェクト形式で作成し、各フィールドの値を指定します。\ 入力が必須でないフィールドについて、値を設定しない場合は初期値または空欄として登録されます。 また、存在しないフィールドが指定された場合は無視されます。\ 以下のフィールドは値の登録ができません。

  • ルックアップ元からコピーされるフィールド
  • ステータス
  • カテゴリー
  • 計算
  • 作業者
  • テーブル
  • 自動計算が設定されている文字列(1行)フィールド

フィールドについてはこちら

パラメーター

*は、必須パラメーター

名前 概要
provider* 文字列 kintone 連携に必要なプロバイダー ID kt_y8ni9c3b8b8147410ce2
appId* 数値 レコードを登録したい kintone アプリの ID 25
record オブジェクト 登録したいレコードの情報 *使用例を参照

アプリ ID ピッカーについてはこちら

レコードオブジェクトについて

レコードはキーに kintone アプリのフィールドコード、バリューにその値が指定されるオブジェクトで設定します。\ 基本的に値は、文字列または数値で指定してください。\ ユーザーを選択するフィールド(作成者・更新者・ユーザー選択)については、kintone に登録された「ログイン名」を利用して値を指定することが可能です。\

// 例)
{ "経費合計": { "value": 5000 } }

以下のフィールドについては、値を配列形式で指定してください。\

  • ユーザー選択
  • 組織選択
  • グループ選択
  • チェックボックス
  • 複数選択
// 例)
{
  "承認者": { "value": ["example@example.com", "test@example.com"] }
}

添付ファイルのフィールドについては、値を文字列または配列形式で指定してください。\

// 例)
{
  "画像": { "value": "+get_file_1" },
  "資料": { "value": ["+get_file_2", "+get_file_2"] }
}

アウトプット

タイプ 概要
Boolean 真偽値 登録に成功した場合はtrue、失敗した場合はエラーになる true

使用例

# レコードを作成する
+kintone_create_record_1:
  action>: kintoneCreateRecord
  provider: kintone_e2e59120c904a8556217
  appId: 25
  record:
      経費合計:
        value: '0'
      申請者:
        value:
          - 'example@example.com'
      旅費合計:
        value: 5000

# true

kintoneUpdateRecord

概要

kintoneUpdateRecord は、kintone のアプリ内のレコードを更新する機能です。\ 更新するレコードはオブジェクト形式で作成し、各フィールドの値を指定します。\ 存在しないフィールドが指定された場合は無視されます。\ 以下のフィールドは値の更新ができません。

  • ルックアップ元からコピーされるフィールド
  • ステータス
  • カテゴリー
  • 計算
  • 作業者
  • テーブル
  • 作成者
  • 作成日時
  • 更新者
  • 更新日時
  • 自動計算が設定されている文字列(1行)フィールド
  • 本アクションの updateKey パラメータとして指定されたフィールド

フィールドについてはこちら

パラメーター

* は、必須パラメーター\ ** は、条件付きの必須パラメーター

名前 概要
provider* 文字列 kintone 連携に必要なプロバイダー ID kt_y8ni9c3b8b8147410ce2
appId* 数値 更新するレコードが登録されている kintone アプリの ID 25
updateKey** オブジェクト

更新したいレコードのフィールド情報
※ recordId を指定する際は空欄にします。

{ "field": "申請者", "value": "example@example.com" }
recordId** 数値 / オブジェクト

更新するレコードの ID か、kintoneGetRecords アクションで取得したレコードのオブジェクトを指定できます。
※ updateKey を指定する際は空欄にします(両方指定すると updateKey が優先されます)。

3
record オブジェクト 更新するレコードの情報 *使用例を参照

アプリ ID ピッカーについてはこちら\ レコードオブジェクトについてはこちら

アップデートキーについて

アップデートキーは、kintone アプリに登録されたレコードの中から更新したいレコードを特定するために、アプリ内の値の重複が禁止されたフィールドの値を指定するためのパラメータです。\ 指定可能なフィールドは、「値の重複を禁止する」が有効に設定された以下のフィールドです。\ なお、本パラメータで設定されたフィールドは、更新することができないことに注意してください。\

  • 文字列(1行)
  • 数値

レコード ID について

レコード ID は kintoneGetRecords アクションで取得したレコードの JSON 配列の要素をそのまま利用することが可能です。\ 設定方法は使用例を参照ください。

アウトプット

タイプ 概要
Boolean 真偽値 登録に成功した場合はtrue、失敗した場合はエラーになる true

使用例

# レコードを一括取得する
+kintone_get_records_1:
  action>: kintoneGetRecords
  provider: kintone_123abc456def789ghi
  appId: 10000
  fields: []
  query: ''
  meta:
    display:
      provider:
        type: chip
        label: 'kintone (hoge.cybozu.com)'
        icon: kintone
      appId:
        label: '新しいアプリ'
        icon: kintone
        type: chip

# 各要素について繰り返す
+for_each_1:
  for_each>:
    record: +kintone_get_records_1
  _do:

    # レコードを1件更新する
    +kintone_update_record_1:
      action>: kintoneUpdateRecord
      provider: kintone_6e2ac7c63324ae58c7c9
      appId: 10000
      updateKey: ''
      recordId: ${record}
      record:
        担当者:
          value:
            - 'example@example.com'
      meta:
        display:
          provider:
            type: chip
            label: 'kintone (hoge.cybozu.com)'
            icon: kintone
          appId:
            label: '新しいアプリ'
            icon: kintone
            type: chip

# true

results matching ""

    No results matching ""