Search…
Integrations
ユーザーと権限
カスタムアクション
一連のワークフローを一つのアクションとして登録することができます。 登録されたアクションは、カスタムアクションとして別のワークフロー内で呼び出すことができます。 カスタムアクションを呼び出し時に設定できる項目(パラメーター)を指定することもできます。 同じ作業をするが設定値が微妙に異なる一連のフローを登録しておくと便利です。
例)
  • サイトにログインする(ログインIDとパスワードを設定可能にしておく)
  • データをダウンロードする(対象のデータを設定可能にしておく)

設定項目

カスタムアクションでは、次の項目を設定できます。
設定項目
内容
ワークフロー
カスタムアクションの元となるワークフローです。※新規登録時のみ設定可能です。
「AUTOROログイン」
カスタムアクション名
カスタムアクションの名称を設定できます。
「ログインアクション」
説明
カスタムアクションの説明を設定できます。
「AUTOROにログインします。」
アイコン
カスタムアクションのアイコンを設定できます。
パラメーター:パラメーター名
パラメーター名を設定できます。設定しない場合は、カスタムアクション名の頭文字が表示されます。
email
パラメーター:タイプ
パラメーターのタイプを設定できます。選択できるタイプはTextPasswordです。
Text
パラメーター:説明
パラメーターのタイプを設定できます。
「メールアドレスを設定してください。」

カスタムアクションの元になるワークフロー

カスタムアクションのパラメーターとして使用したい部分は${}で囲ってください。 以下の例では${email}${password}がカスタムアクションのパラメーターとなります。
# ブラウザを開く
+open_browser_1:
action>: OpenBrowser
url: 'https://console.autoro.io/users/sign_in'
headless: true
# 文字入力
+type_text_1:
action>: TypeText
browser: +open_browser_1
selector: '.input-group--focused > .input-group__input > input'
text: ${email}
clearValue: false
ignoreError: true
# パスワード入力
+type_password_1:
action>: TypePassword
browser: +type_text_1
selector: '#app > div > div > div > div > div.card__text > form > div:nth-child(3) > div.input-group__input > input[type=password]'
password: ${password}
ignoreError: true

カスタムアクションの登録

カスタムアクションページに移動して、「カスタムアクション追加」をクリックします。
カスタムアクションとして使用するワークフローを選択してください。ワークフローを選択できるのは新規作成時のみです。 必要な項目を入力して、「SAVE」をクリックして登録を完了します。 パラメーターはワークフローから推測して表示されます。必要なパラメーターが設定されていなかったり、不要なパラメーターが表示されている場合は、パラメーターの追加・削除を行ってください。

カスタムアクションの使用

ワークフロー画面でCallCustomActionを使うことで、カスタムアクションを呼び出すことができます。 詳しくはCallCustomActionのページを参照してください。
カスタムアクションの元になるワークフローを使ったカスタムアクションを使用する場合は、下記のようなワークフローになります。
# ログインアクション
+call_custom_action_1:
action>: CallCustomAction
id: ca_6e2c11788d1087992e28
params:
password: password
meta:
version: '2020-06-18T08:32:05.000Z'
interface:
params:
email: Text
password: Password
output: Browser